整体におけるほぐし

整体ではさまざまな技術を 使って、患者を癒します。
さする技術は、手のひらを皮膚面にぴったりつけて、ゆっくり動かします。
両者にアキができると、効果は薄れます。
力は手の先だけ でなく、肩からの力でやります。
効果として、皮膚を軽くさする事で、血行やリンパ液の流れを良くし、体温調節をはかり皮膚の分泌機能を促進します。
筋肉を 強くさすれば疲労を取り、軽くさすれば新陳代謝促進につながります。
もむ技術は、狭い部分は指先で、広い部分は手のひらを使います。
皮膚面に手のひらを密 着させて指先に力を入れて、軽く握るような感じで外側に向かって、円を描くようにもみます。
力はやや強く、肩からの力で行います。
効果として、機械的な刺 激を筋肉に与えることで、筋肉内の血管やリンパ液の流れを良くし、筋肉の栄養を良くします。
たたく技術は、手のひらを立ててたたいても、こぶしで軽くたた いても良いです。
指先の力を抜いたり、手首に力を入れて強弱をつけ、リズミカルに行うのがポイントです。
腕などには指先に力を入れてもよく、顔は指先をす ぼめて軽くたたきます。
効果として、短時間軽くたたくと血管の収縮を、強く長時間たたくと血管を拡張させ、新陳代謝を盛んにします。
素早くもあり丁寧でも ある、リズミカルで癒し的なほぐしは重要な技術です。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 仕事のストレスなどにより心と脾のバランスが崩れて身体に不調をきたす自律神経失調症を鍼治療で改善するなら、自然療法なので副作用の心配がなく体内のバランスを整える事に注力してくれるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 整体にはどのような効果があるのか All Rights Reserved.